Top >  健康と活性酸素 >  活性酸素とは2

スポンサードリンク

活性酸素とは2

活性酸素という言葉は最近、広く認識されるようになりました。活性酸素という言葉は「酸素は体に必要なもので、それが活性化するのだから体にいいものでしょう?」という冗談のような話が、メディアで紹介され始めた頃は聞かれたりました。

酸素は、確かに生きていくためには欠かせないものです。しかしそれが過剰に反応すると強い毒性を持つのです。本当は、酸素は人間の体に対してプラスの面だけではなく、マイナスの面もあるのです。
長い間放置しておいた釘はサビてボロボロになってしまいますが、これは空気中の20%を占める酸素がいたずらしているのです。この現象を学校でも習ったように「酸化」と呼びます。
その酸化が、活性酸素によって体内で過剰に起こされるのです。様々な研究で分かってきたのは、体に摂り入れた酸素のうち2~3%が活性酸素に変化して、細胞を傷つけ、老化を促進し、がん・生活習慣病を誘発するということです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 活性酸素とは1  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素とは3  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。