Top >  健康と活性酸素 >  活性酸素とは1

スポンサードリンク

活性酸素とは1

「活性酸素」という言葉は、健康が気になる人なら、何度も耳にしたことがあるのではないでしょうか。また、広く知られるようになったのが、活性酸素は体の細胞をさびのように蝕んでいくものであり、多くの病気の原因となっていることです。
活性酸素が大きく関係しているといわれているのは、紫外線を浴びるとシワやシミができ、白内障になる、欠陥の老化が進んで動脈硬化や心臓病・脳血管障害が起こる等などです。
活性酸素が問題なのは、体の細胞レベルから傷つけていくため、病気にかかりやすくなるとともに、病気の人が回復するのを遅らせることにもなります。
活性酸素は、健康を維持しようとする体に影響を与えます。逆に言うと、活性酸素の影響を受けなければ、健康は維持できるのです。これが、活性酸素は病気の原因の90%とも言われる本当の理由なのです。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 活性酸素とは2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。