Top >  健康と活性酸素 >  活性酸素が増える理由とは何か?

スポンサードリンク

活性酸素が増える理由とは何か?

活性酸素は有害物質の分解時に発生する
農薬、食品添加物、薬、化学物質などが体に取り入れられると、その害を減らすために各臓器の細胞は活発に代謝を繰り返し、有害物質を分解処理していきます。そのとき体内の臓器に負担がかかる上に、大量の活性酸素を発生させます。

ストレスと血流
現代社会や家庭生活でも、ストレスを受けないときはありません。ストレスを強く受けると呼吸数と心拍数が増え、血圧が上がり、末梢神経が収縮します。この末梢血管が収縮した後に、血流が高まる状態になると活性酸素が多量に発生するといわれます。

細胞を直撃する放射線、紫外線、電磁波と傷
細胞を傷つけるのは、活性酸素だけではなく放射線、紫外線、電磁波などは体の中に浸透し、細胞に影響を与えます。また体に傷や炎症があるときも、活性酸素が多量に発生し、周囲の細胞を傷つけていくといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 活性酸素にはこんな原因がある!  |  トップページ  |  次の記事 がんと活性酸素について  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。