Top >  健康と活性酸素 >  がんと活性酸素について

スポンサードリンク

がんと活性酸素について

日本人の死亡率第一位の原因は「がん」です。その死亡者数も増加の一途を辿っています。
がんは、正常な細胞の遺伝子が傷つき、異常分裂を起こすことが始まりです。その最大原因は発がん物質です。
活性酸素により細胞膜が傷つけられると、発がん物質が簡単に細胞に入り込み遺伝子を傷つけます。もちろん正常な状態の細胞であれば、発がん物質も中には入りにくいのです。ですから、活性酸素を余計に発生させないことが、がん予防の第一となるのです。
反面、活性酸素が細胞を破壊する作用を逆に使ってがんの治療にも使われることもあります。抗がん剤や放射線も体内で活性酸素を発生させ、活性酸素を活性酸素がやっつけるという療法です。

抗がん剤が発生させる活性酸素が、がん細胞だけを攻撃してくれれば良いのですが、残念ながら周囲の正常な細胞も傷つけてしまいます。これが、抗がん剤の副作用でもあるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 活性酸素が増える理由とは何か?  |  トップページ  |  次の記事 コレステロールの酸化とは?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。