Top >  健康と活性酸素 >  コレステロールの酸化とは?

スポンサードリンク

コレステロールの酸化とは?

心臓病と脳血管疾患は、がんに次いで死亡数が多いのです。
この二つを合計すると、がんの死亡数に迫るほどです。動脈は平均的な老化以上に堅くなることがあり、これを動脈硬化といわれます。動脈が徐々に弾力が失われ、血管が狭くなって血流が低下していきます。
その原因として挙げられているのは「コレステロール」です。
血液中のコレステロールは血管に付着し、血管が徐々に硬くなっていきます。
そのコレステロールが活性酸素によって酸化し、血管を狭くするのです。この状態でいると、血管が詰まりやすくなり、血管が詰まるとその先に血液が送られなくなり、細胞が死んでしまいます。
これが心筋梗塞や脳梗塞の原因です。突然起こるように見えますが、実は徐々に進行しているのです。
まず、動脈硬化を予防するためには、コレステロールの量を減らすように言われます。ですが、それよりもコレステロールが活性酸素により酸化することのほうが問題は大きいのです。動脈硬化を予防するには、まず発生した活性酸素をなくすことが何よりも重要なのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 がんと活性酸素について  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素とコラーゲン  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。