Top >  健康と活性酸素 >  活性酸素の正体とは?

スポンサードリンク

活性酸素の正体とは?

活性酸素とは、「体の産業廃棄物」とも言われます。60兆個もある私たちの体を構成している細胞には、エンジンのようなミトコンドリアと呼ばれる器官があります。
たとえば車のエンジンがガソリンをつかって動くときは、排気ガスが出ます。実は活性酸素もこれと同じなのです。活性酸素は体内で、エネルギーに変換された後に残った廃棄物なのです。

運動選手が短命だと言われるのも、その元は活性酸素にあると考えられます。
つまり、多量の酸素を消費する激しいスポーツは、その運動量に比例して活性酸素も多量に発生します。
1日に1時間ジョギングをしただけでも、運動をしていない人と比較して1.4倍の活性酸素が発生するとされています。動物の寿命と酸素摂取量を比較すると、酸素を多量に摂り入れると活性酸素も多く発生するという、動物実験も行われています。
活性酸素を消去する工夫をしておかないと、活性酸素が大量に発生するたびに細胞が傷つき、病気を引き起こし、老化も進める結果になると、次第に明らかになってきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康のための水選び  |  トップページ  |  次の記事 ビタミンと活性酸素  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。