Top >  健康と活性酸素 >  日常生活の運動

スポンサードリンク

日常生活の運動

日常生活で動いていると体はどうなるのでしょうか。
健康上ちょっと注目すべきことは、日常生活で体を動かす習慣を持っていれば、たとえそれが家事・育児であっても「廃用症候群」を抑えられるということです。
廃用症候群とは、体を動かすことが少ないと、生じる心肺呼吸機能の低下や日常生活で必要な活動の制限のことです。
人間のすべては、年齢とともに持久力(酸素摂取量)が低下していきます。しかし「活動的な人」は「活動的でない人」よりも体力は落ちません。しかし、スポーツをする時間がない人はどうすればいいのでしょうか?それは、少しの時間でも「軽運動」をすることをお奨めします。たとえば、散歩・水中ウォーキング・軽い体操・ヨガ・足踏みなどです。すべての動作を「意識して体を動かす」ことがポイントです。
また、入浴時にもできることがあります。それは「筋を伸ばす」「関節を動かす」「リラックスする」「ぬるま湯に長く入り発汗を高める」などで、これも運動効果が期待できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 屋外での運動と活性酸素  |  トップページ  |  次の記事 カロテノイドと活性酸素  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。