Top >  健康と活性酸素 >  カロテノイドと活性酸素

スポンサードリンク

カロテノイドと活性酸素

脂溶性でリコピンに似た構造を持つもので、動植物に含まれる黄色や赤色の色素成分を、カロテノイドといいます。自然界では600種類以上あるといわれます。そのうち20数種類が人体に必要な微量栄養素ということが分かっています。
しかし体内でそれを合成することができないのです。そのため、緑黄色野菜や果実から摂取することになるのですが、現代は野菜類の栄養価が低下しているとされ、食事を通しての摂取も難しくなっています。
植物は光合成の際、日光をエネルギー源にするのですが一方で、活性酸素などの毒物も生成します。
植物はカロテノイド(色素)を形成し身を守ろうとします。そのカロテノイドは紫外線を遮断するフィルターの働きをするのです。
また、カロテノイドは活性酸素によるダメージが多大な人の体内でも同じ抗酸化作用を発揮し、それがいろいろな病気の予防に高い効果を示すことがわかってきました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 日常生活の運動  |  トップページ  |  次の記事 ラクトフェリンと抗酸化作用  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。