Top >  健康と活性酸素 >  活性酸素とコラーゲン

スポンサードリンク

活性酸素とコラーゲン

活性酸素はメラノサイトという色素細胞を刺激し、色素を増やしてしまいます。
またメラノサイトは紫外線を受けると、シミの原因となるメラニンを大量に発生させます。しかし、活性酸素は皮膚の細胞を傷つけてしまうため、肌荒れやシワの原因にもなっています。

紫外線は、皮膚の奥にある真皮にまでとどいて影響を及ぼします。それは、肌の弾力を保っているコラーゲン繊維を傷めることから深いシワの原因となっているのです。
コラーゲンは加齢により作られる量が徐々に減り、その減り方が大きいと細胞の間に隙間ができてしまい、陥没しやすくなります。その大きく陥没した状態が「深いシワ」となるのです。
また、紫外線によって傷んだコラーゲンをさらに傷つけているのが活性酸素なのです。
傷んだコラーゲンが活性酸素によって傷つけられると、修復しにくくなってしまいます。
シワの予防・改善にはコラーゲンの摂取だけではなく、実は抗酸化物質で活性酸素を減らす工夫も大切になってきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 コレステロールの酸化とは?  |  トップページ  |  次の記事 プールと人間の体‥割と知らない事実  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。