Top >  健康と活性酸素 >  ラクトフェリンと抗酸化作用

スポンサードリンク

ラクトフェリンと抗酸化作用

私たちの体の中では、目に見えない多くの細菌が住んでいます。特に消化器官に多く存在します。消化器官はこれらの細菌と互いに共存して生かしあっているのです。
ところが最近、病原菌などの細菌類に対する抵抗力が衰えてきていると見られます。これは、生活環境の変化や偏った食生活で、栄養過多や栄養不足が起こっているからだとされています。環境衛生の向上で、一般的に減少していた感染症や寄生虫症は、最近ではまた増加の傾向にあります。
バランスの崩れた現代人は抵抗力が弱っているといわれているのです。この弱った抵抗力を取り戻すという意味で注目を集めはじめたのがラクトフェリンです。これは、最近母乳の中に免疫力のある成分が含まれるとわかりました。
その後研究の結果、特に初乳の免疫力が強いことがわかり、その成分が鉄分を含む糖とタンパク質の結合物であり、これをラクトフェリンと命名されました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カロテノイドと活性酸素  |  トップページ  |  次の記事 ラクトフェリンの作用  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。