Top >  健康と活性酸素 >  プールと人間の体‥割と知らない事実

スポンサードリンク

プールと人間の体‥割と知らない事実

オリンピックレベルの競泳選手の健康状態で問題になることがいくつかあります。「疲労の増大」「視力の低下」「「関節の痛み」「心理的ストレス」「皮膚のトラブル」などです。これには、プールの水質が影響しているといわれています。
菌の繁殖度合いにより、プールに毎日投入される塩素系消毒は、残留塩素濃度が高くする傾向があります。そこから発生する塩素ガスは体内に吸収されて、体内の酸化や脳の不活性化などが促進されるといわれています。
症状としては、
疲労感の増大・関節の痛みがあります。この原因は、オーバートレーニングと、そのトレーニングで発生する乳酸の生成により、主に関節付近に「凝り」を発生させて、全身にだるさを感じさせます。

心理的ストレスもあります。
この原因は、プールの水温にあります。プールの水は体温より低く、体温が奪われる状態に長時間さらされます。また「運動による体温上昇」と「水温による体温低下」というストレスの多い状態を何度も繰り返すことで、腎臓や肝臓に大きなダメージを与えます。

視力の低下も挙げられます。
これはプールの水質以外にも「ゴーグルの着用」が考えられます。ゴーグルの長時間着用は、眼球周辺を圧迫をし血行障害が起こるとされます。

皮膚のトラブルについては、皮膚に障害のある人にとっては、水中塩素が大きな刺激物となり、アレルギー疾患のひとは抗アレルギー能力が低下したり、免疫能力が低下することが分かっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 活性酸素とコラーゲン  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素を消去する  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。