Top >  健康と食 >  共通の栄養代謝システムと日本人特有の栄養代謝システム2

スポンサードリンク

共通の栄養代謝システムと日本人特有の栄養代謝システム2

栄養代謝システムには、各民族(人間全体)共通のシステムと、民族ごとに違った栄養代謝システムあります。その中で栄養代謝システムで、日本人特有の栄養代謝システムとは以下のような特徴があります。
1.腸が長い
→ 消化しにくい穀物からしっかり栄養を吸収するため、日本人の腸は欧米人より1メートル近く長い。
2.乳糖を分解する酵素の活性が低い
 → 農耕民族の日本人は乳糖不耐症の人がほとんどである。
3.インスリンをゆっくり分泌する
→ 繊維質を含む穀類・炭水化物中心の食生活に合わせている
4.倹約遺伝子を日本人の4割の人が持っている
→ 1日の基礎代謝量が通常の人より200カロリーも少ない人も。
  世界で3番目にやせにくい体質を持っているといわれる
5.農耕民族が農業を捨てた
→ 筋肉労働から頭脳労働へ、生活スタイルの変化により運動の量が激減した。

スポンサードリンク

 <  前の記事 共通の栄養代謝システムと日本人特有の栄養代謝システム1  |  トップページ  |  次の記事 体内合成できない栄養素はどうするのか?1  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。