Top >  健康と食 >  保健機能食品制度

スポンサードリンク

保健機能食品制度

保健機能食品制度とは、2001年4月1日に厚生労働省が施行した制度で、消費者自らが、それぞれの食生活に応じた食品を適切に選択できるようにすることを目的とする。とれています。
これまで「健康食品」とされてきたもののうち、一定の規格・基準を満たすものを「保健機能食品」と言うことを認める制度で、食品の目的や機能によって、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」の2つに分類しています。
【栄養機能食品】
栄養機能食品とは、国が定める栄養成分を一定量含んでいて、規格や基準にあてはまっていれば、国の認可がなくても「栄養機能食品」として表示することができます。また、指定されている栄養成分の機能表示であれば、定められた範囲内で表示ができるようのなりました。
現在、栄養機能食品として機能表示できる栄養成分はカルシウム、鉄と新たに2004年に追加されたマグネシウム、亜鉛、銅のミネラル類5種類と、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸のビタミン類12種類があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 カシスの主な作用  |  トップページ  |  次の記事 特定保健用食品とは何か?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。