Top >  健康と食 >  健康補助食品(健康食品)と特別用途食品の違い

スポンサードリンク

健康補助食品(健康食品)と特別用途食品の違い

健康補助食品とは、(財)日本健康・栄養食品協会(JHFA)が認定した健康食品のことで、保健機能食品制度のスタートに伴い「健康食品」から「健康補助食品」へと呼称を変えました。
JHFAが定める規格基準‥製品、製造・加工、表示広告などに適合した製品に対して認定され、JHFAマークを表示できます。
健康補助食品も含め「健康食品」自体は一般食品として取り扱われています。栄養成分の含有量を表示することはできますが、その効果や効能についての表示は、広告等も含め一切禁止されています。健康補助食品の種類には、タンパク質類、ミネラル類、ビタミン類、脂質類、キノコ類、ハーブ、糖類等の植物成分類、藻類、発酵微生物類などがあります。
また、栄養成分の補給ができるもの、または特別の用途に適する食品として、栄養改善法に基づき、厚生労働大臣の許可を得たものを特別用途食品といいます。
これは、病人用、乳児用、妊産婦用、高齢者用に分類され、対象者の区分が入ったマークが表示されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 特定保健用食品とは何か?  |  トップページ  |  次の記事 健康と食育と  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。