Top >  健康と食 >  食の健康学

スポンサードリンク

食の健康学

北大の講義内容をちょっと覗いてみます。
各階ごとにテーマが決められていて、「バランスガイド」の講義では、日ごろの食生活を自ら見直してもらうために、記入用紙を学生に配布しました。
全体的にいえるのは、必要量を満たしておらず、中にはパンとおにぎり、お茶漬け、カップラーメンを組み合わせた食事を毎日続ける学生もいた。また、ビタミンの供給源となる果物不足も顕著だった。
講師の話では、これで「自分の食生活に何が足りないか、実感を持って感じることができたのでは」といっていました。
「高校生の食事状況」に関する講義では、少し前の自分の生活を振り返ることがされていました。
ここでは、朝食を摂らない、偏りがあるという問題点も浮き彫りになっていました。さらに、学生の健康診断を元に、メタボリック・シンドロームの恐ろしさを説く授業もありました。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と食育講座とは?  |  トップページ  |  次の記事 健康とコエンザイムQ10  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。