Top >  健康と食 >  健康に必要な栄養とは何か?

スポンサードリンク

健康に必要な栄養とは何か?

私たち人間の体の大半は、水分とタンパク質からできています。
脳・内臓・骨・筋肉・髪の毛・神経伝達物質・血液・ホルモン・遺伝子に至るまで、体の様々なパーツはタンパク質で出来ているのです。このすべてのタンパク質の原材料はアミノ酸です。このアミノ酸も今脚光を浴びている栄養素の一つでもあります。

1種類のタンパク質を作るのにアミノ酸が100個以上必要とされ、そのタンパク質は毎日1000分の1グラムで、成長期の子供やスポーツをする人は1.2~1.5倍必要とされます。
個人個人で能力が異なるのは、タンパク質を体内で製造する能力です。製造能力が低いと、量産できず、不足がちになり、病気や怪我の誘発につながります。
また、心身不調を引き起こしたり、慢性的欠乏症に冒されたりします。

このタンパク質製造能力差が関係して、人により、かかりやすい病気や持病が生まれるのです。生まれつきインシュリンを作る能力が低く糖尿病になる人、免疫を司るタンパク質を充分に作れない人、ウイルスに感染しやすい人などは、それぞれ必要とされるタンパク質の製造量が低いために起こるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 活性酸素を消去する  |  トップページ  |  次の記事 栄養の必要量と個体差  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。