Top >  健康と食 >  栄養の必要量と個体差

スポンサードリンク

栄養の必要量と個体差

たとえ話しですが、運動好きな20代の女性のAさんと、仕事人間で日頃スポーツをしていない50代の男性Bさんが、全く同じ量の献立の食事を摂ったとしたら。結果Aさんは健康になり、Bさんが体調を崩して病気になることは大いにありえるのです。
性別・年齢・・遺伝的個人差・栄養の質や量運動の量と内容などを考えれば、必要な栄養素の量や内容が個人個人で異なるのは当然のことです。健康維持・増進のため、栄養摂取に気を使う人は増えてきましたが、その考えを実践している人の多くが「満遍なく栄養を摂取することが大切」と考え、平均的栄養摂取量を目安にしていると思われます。
「健康維持のため1日30品目食べましょう」という指針をご存知でしょうか。これはこれで悪くないのですが、赤ちゃんからお年寄りまで全員に提唱するには、あまりにも大雑把過でしょう。栄養素の必要量には個体差というものがあることを知りましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康に必要な栄養とは何か?  |  トップページ  |  次の記事 栄養摂取量と体調  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。