Top >  健康の仕組み >  健康とコエンザイムQ10

スポンサードリンク

健康とコエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、細胞のエネルギー源を作るのに不可欠な補助酵素で、元々人間の体内にも存在する物質です。車にたとえると、ガソリンの役割を果たしています。作用としては「疲労回復作用」のため、体内に多ければ疲れがとれ、体が元気になる。
コエンザイムQ10が補給された場合の研究結果として、体内で活発にエネルギーが作られるようになるため、持久力が高まり運動に伴う疲労も少なくなるという結果が示されています。筋肉を使うことによって乳酸などの疲労物質が増えて疲労がたまり、エネルギーを出しにくくなります。そのため、アスリートの中では、最近はプロテインやアミノ酸と並んで、コエンザイムQ10を使う人が増えているといいます。
特にスポーツをすると、活性酸素がより多く生まれます。その害を減らすためには、抗酸化成分必要です。
また、コエンザイムQ10は抗酸化作用のほか、悪玉コレステロールの酸化を抑える作用も期待できるといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 食の健康学  |  トップページ  |  次の記事 コエンザイムQ10と女性の健康  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。