Top >  健康の仕組み >  コエンザイムQ10と健康

スポンサードリンク

コエンザイムQ10と健康

コエンザイムQ10は、心臓や肝臓、肺や腎臓などの臓器、筋肉、皮膚、脳など体のあらゆる場所に存在しています。なぜならコエンザイムQ10は、もともと細胞がエネルギーを生み出すときに欠かせない補酵素なのです。
人体には、コエンザイムQ10を作り出す仕組みはありますが、20歳前後をピークに減少してしまいます。また、加齢によって産出量が低下する上に、必要量は逆に増えるのが現実です。また過度のストレス、偏った食生活、運動不足などの悪い生活習慣もコエンザイムQ10の産出量の衰えに影響するといいます。

コエンザイムQ10の摂取法としては、穀類・肉・野菜・魚・種実類などに栄養素が含まれるため、食品で補いことも可能です。ただし、有効量とされる30mgを1日に摂取には難がある。これは、コエンザイムQ10が食品にはごく微量しか含まれておらず、かつ吸収されにくい性質があるためです。コエンザイムQ10に関しては、必要な栄養素は食品から摂取することプラス、サプリメントからの摂取がベストでしょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 コエンザイムQ10と女性の健康  |  トップページ  |  次の記事 ノーベル賞受賞者のコエンザイムQ10研究  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。