Top >  健康の仕組み >  ノーベル賞受賞者のコエンザイムQ10研究

スポンサードリンク

ノーベル賞受賞者のコエンザイムQ10研究

コエンザイムQ10は人間のすべての細胞膜に存在するビタミン様物質で、学名「ユビキノン」と呼ばれています。ウィスコンシン大学のF・L・クレーン教授により1957年に発見され、多くの世界中の研究者により研究が行われてきました。
ミトコンドリアのエネルギー変換における、コエンザイムQ10の役割についての研究でピーター・ミッチェルが78年にノーベル賞を受賞しています。人間が生きていく上で必要なエネルギーの約95%は細胞内にあるミトコンドリアで生成されています。
コエンザイムQ10はミトコンドリア内に多く含まれ、エネルギー生産に重要な役割を果たしています。特に心臓に多く存在し、コエンザイムQ10が欠乏すると心臓機能に影響が出やすいといわれています。
アメリカでは、10年以上前からサプリメントとして販売されており、日本でも、コエンザイムQ10がサプリメントとして販売されるようになったのは、2001年に食薬区分が見直されたことによります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 コエンザイムQ10と健康  |  トップページ  |  次の記事 プロスポーツ選手は本当に健康なのか?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。