Top >  健康の仕組み >  健康と個体差

スポンサードリンク

健康と個体差

人間の体は、遺伝子レベルでも「平均・平等」には作られていません。それは、同じものを食べていても、兄のほうがスポーツ万能、弟のほうが成績優秀、などというように同じ両親から生まれた兄弟であっても性格が違うような話は良くあります。
ソックリな顔をした兄弟で同じ栄養を摂取していても、遺伝子の配列に大きな違いがあるため、栄養の吸収力や利用される割合が異なります。
さらに運動によるエネルギー消費以外にも、消費量の個体差があるのです。運動時だけではなく、終わったあとも筋肉が発熱するため、体のエネルギー放射が続きます。そのため、まったく同じ運動をしても、筋肉の量や運動の仕方・フォームなどによっても差が出てきます。ですから、筋肉量の少ない人や運動不足の人、倹約遺伝子を持っている人はエネルギー消費が少なってしまいます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康とバランス  |  トップページ  |  次の記事 健康と代替医療  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。