Top >  健康の仕組み >  健康と代替医療

スポンサードリンク

健康と代替医療

アメリカでは、現代医学は発展しているはずなのに、生活習慣病や慢性疾患が急増する医療の現状に対して、1977年に医療の現状に対する徹底した調査が行われました。その裏側には、医療費の高騰から国家財政上の危機感も高まったこともあります。
その結果をまとめたのが、「アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート」として知られるマクバガンレポートです。その内容を要約すると、アメリカでは生活習慣病がそれ以前の20年間で驚くほど急増し、そのままの事態が進めば医療費の増加ばかりでなく、医療事故も激増し、国民の健康維持が非常に難しくなることがわかってきたのでした。
そこで、アメリカをはじめ先進諸国では、代替医療を幅広く利用しようという考え方が主流になってきました。代替医療の特徴は、人に優しく副作用がない、自然治癒力を高めながら体全体を健康にする、といった点から天然物が人工的なものより優先され、同時に東洋医学の考え方も注目されてきたのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と個体差  |  トップページ  |  次の記事 健康と免疫力  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。