Top >  健康の仕組み >  健康と運動

スポンサードリンク

健康と運動

なぜ人は運動をしなければいけないのでしょう「ゴロゴロしていないで体を動かしなさい」。「車ばかり使わないで、歩きなさい」などよく言われます。しかし「運動すると活性酸素が発生する」なら、運動なんてしないほうが体にはいいのではないでしょうか。
でも、運動することは、さまざまな効果も認められ、生体を正しいバランスに保つために必要不可欠なのです。運動の効用としては‥
血圧を下げる
悪玉コレステロールと中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やす
基礎代謝を増やす
身体機能の萎縮を遅らせる
糖の筋肉への取り込みをスムースにする
体脂肪を燃やし、特に内臓肥満を解消する
心臓血管系疾患を改善する
脳疾患による運動機能障害を改善する
大腸ガンや前立腺ガンを予防する
ストレスを解消する
などがあります。
しかし、いくら体に良いといっても体を酷使すればよいものではありません。個人差も考えて運動量を調節することが必要です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と運動の種類  |  トップページ  |  次の記事 運動の目安  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。