Top >  健康の仕組み >  サプリメントと健康の関係2

スポンサードリンク

サプリメントと健康の関係2

サプリメントは化学合成されたものではなく、植物などに含有される天然由来物質が主な成分であり、つまり、日常の食事と同じ「食べ物」の一つなのです。そのため、原則的に副作用はありません。
ニンジンやカボチャなど野菜の栄養素を凝縮し、食べやすい錠剤やカプセルに形を変えたものといえます。

ちなみに薬とは、合成化学物質・漢方薬・酵素(ホルモン)などのことをいい、ハーブは漢方薬と同様に考えられます。ところで、必要栄養素は個人差があるはずなのに、サプリメントは飲む量が一定ではないのでしょうか。
市販のサプリメントのパッケージを見ると、「1日○○を目安にお召し上がりください」と説明が記されています。つまり、サプリメントは食品なので、摂取する量を変更できるのです。
翻って薬は、体に出てきた不具合を除去する目的で使われます。病気を制するために必要悪を体に取り入れるとも考えられるので、副作用が起こるのも当然です。しかし、サプリメントは食品由来ですので、摂取方法や食べあわせを間違えなければ過剰摂取でも副作用が起こらないのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 サプリメントと健康の関係  |  トップページ  |  次の記事 健康のためにサプリメントの正しい摂り方  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。