Top >  健康の仕組み >  漢方の良いところ

スポンサードリンク

漢方の良いところ

漢方の長所は、患者一人ひとりにオーダーメイドの処方をすることです。心も含めた人間(病人)全体を診るのです。しかしこの長所の反対がそのまま短所となってしまいます。
現代医学は病気の原因を特定しそれを治しますが、漢方では人間そのものに元気を付けることで治していきますので、ちょうど逆の関係ですが、逆に補い合える関係でもあります。現代医学で治しやすいものはそちらを用い、心と体の問題が複雑に絡み合う病気や症状、現代医学が不得手な疾患などには、漢方に効果が期待するという方法があります。

漢方薬は副作用は少ないのですが、まれにある成分に過敏に反応する人がいたり、現代薬との併用を避けたほうがいい組み合わせもあるため、処方を間違えないことがまず第一です。
漢方薬は食前の服用が吸収がいいといわれていますが、飲み忘れるぐらいなら、食事中でも食後でも構わないと言われています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 人間を全体で診る漢方治療  |  トップページ  |  次の記事 水虫の基礎知識  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。