Top >  健康と病気? >  緑内障と健康

スポンサードリンク

緑内障と健康

緑内障とは、眼球内の圧力が高まって視神経が侵され、視野が狭くなったり、視力が落ちたりする病気です。白内障とともに「目の成人病」といわれており、適切な治療が行われないと、失明することもあります。
多くの場合、本人が気がついたときは手遅れという場合がしばしばあります。これは、非常にゆっくりと視野が欠損して行くためです。
傷害を受けた視神経は再生しません。失われた視野や視力は回復しないのです。緑内障は早期発見・早期治療が大切といわれるゆえんなのです。現在40歳以上の30人に1人が緑内障と診断されますが、高齢化が進む20年後には200万人を超えると予測されています。
現在、実際に診断と治療を受けている人はそのうちの約20%で、残りの約80%の人は治療を受けていないという状況です。是非定期的な目の検査を受けることが大切です。緑内障の場合、悪化してしまってから眼科に行くのでは遅いのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 黄斑変性症と活性酸素  |  トップページ  |  次の記事 緑内障の急性と慢性  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。