Top >  健康と病気? >  緑内障の急性と慢性

スポンサードリンク

緑内障の急性と慢性

緑内障には先天的な場合や老化のため起こるもの、他の病気が起因のもの、様々な種類がありますが、大きくは2つに分かれます。
強い症状が急激に現われる「急性緑内障」これは、目の痛みや吐き気などがあります。そして、徐々に進行する「慢性緑内障」です。
急性緑内障は、房水の出口がふさがれ、眼球内に房水溜まり、眼球内部の圧力が急速に上がります。急に目が痛み出し、激しい頭痛や吐き気、嘔吐が起こります。この症状のため、他の場所の病気と間違えて手当てが遅れ、失明に至る場合もあるので注意が必要です。
緑内障は女性に多く、男性の3倍も見られます。房水の出口は狭くないのですが、眼球内部の圧力が上昇するのは、出口にあるスポンジのような組織が目詰まりするためです。遺伝的にここが目詰まりしやすい体質の人に発病しやすく、長い時間をかけて徐々に進行していきます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 緑内障と健康  |  トップページ  |  次の記事 健康と花粉症  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。