Top >  健康と病気? >  前立腺肥大症とは?2

スポンサードリンク

前立腺肥大症とは?2

前立腺肥大は、放置していても生命にかかわるような病ではありません。ただし、腎機能障害が起こる場合もあります。残尿が多く発生しているような状態の場合によりますが。
また、糖尿病や、前立腺がんが合併している場合など他の病気が隠れている場合もあります。前立腺がんも、前立腺肥大症も、それ自体はそれほど怖がる必要はありませんが、いずれにせよ早めに専門医の検査を受けた上で適切な治療を施すことが必要です。
前立腺肥大症の診断は、まず、どのような状態なのかを確認します。次に触診や超音波検査で前立腺の大きさや残尿の程度を調べるためにPSA(前立腺特異抗原)血液検査もあります。
血液検査という検査は簡単です。その上、しかも検査精度が高いものですから、高齢であり何らかの排尿障害がある場合は、一度見てもらうほうが安心できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 前立腺肥大症とは?  |  トップページ  |  次の記事 前立腺肥大症の治療はどのようなものか?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。