Top >  健康と病気? >  心の病気―呼吸が苦しい?

スポンサードリンク

心の病気―呼吸が苦しい?

「過換気症候群」とよばれる、心理的な原因によって突然または徐々に呼吸が苦しくなる症状があります。この症状はさらに、唇などがしびれ、両手の指先、指のけいれんが起こって、意識が朦朧としてきます。発作のピークは10~20分で30分以内にはほぼ収まります。
男女比では、1対2とされており、特に20代の女性に多く、夜中に救急車で運ばれる人の約30%がこの発作によると言われています。激しい胸式呼吸をすることで血液中の二酸化炭素濃度が異常に低くなり、酸素濃度が異常に高くなるために起こります。動脈血をとってこれらの濃度を調べ診断します。この発作で死ぬことはなく、後遺症もないのです。どんなに強い発作も必ずおさまります。ただ問題は、患者は治まっても次の発作に対する、窒息するような苦しさを思い出しとても不安になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康のために進化している水  |  トップページ  |  次の記事 過換気症候群の原因  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。