Top >  健康と病気? >  頭痛は病気なのか?

スポンサードリンク

頭痛は病気なのか?

あなたも頭痛を経験したことあると思います。まず頭痛を一度も経験したことがない人は、ほとんどいないと思います。しかし、頭痛だからといって病院を訪れる人はあまり多くはありません。なぜなら、頭痛を病気と認識する人がまだ少数派であるのが現実だからです。

それがため、慢性頭痛に苦しむ多くの人は周囲から理解されないことが多く、時には誤解までされ辛い思いをしています。頭痛は直ちに治療を開始しなければ生命に関わる、クモ膜下出血、脳腫瘍などの疾患の初期症状として現われることもあります。その点でも頭痛は非常に重要な症状です。突然に起こった頭痛や、短期間で次第に痛みが強くなる頭痛は、このような病気を疑う必要があります。普段からよく頭痛に悩まされる人でも、これまでと全く違う痛みが新たに起こった場合や痛みの程度や頻度が大きく変化したときには、クモ膜下出血、脳腫瘍などを疑ってください。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と睡眠薬  |  トップページ  |  次の記事 頭痛は病気であること  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。