Top >  健康と病気? >  金属の種類によるアレルギー

スポンサードリンク

金属の種類によるアレルギー

金属アレルギーの中でも、ピアスは要注意です。ピアスは皮膚表面上ではなく、穴を開けて装着するので、皮膚の中に金属が溶け出して金属アレルギーとなることがあります。
ピアスでは、肉芽腫様の皮膚炎の報告が多くあります。よほど皮膚の弱い方でない限り、ネックレスや指輪などであれば、表皮の皮の上に装着するので、金属アレルギーが発症することは起きにくいといわれます。

ニッケルはアレルギーを起こしやすい金属です。汗の中の塩素イオンがニッケルに溶けて、体内に入り湿疹などを起こします。金は溶けにくい金属なのですが、金メッキ仕上げのアクセサリーで、その下地にニッケルが使われていることが多いので注意が必要です。
アレルギーを起こしやすい金属として意外と知られていないのがクロムです。クロムは革製品をなめす過程で使用されており、ニッケルと同様汗が多く出る部分に溶けやすく、時計の革バンドや革手袋などに含まれ、湿疹を起こすことがあります。

逆に最も金属アレルギーを起こしにくいといわれているのがチタンです。チタンは本来不溶性で、皮膚炎を起こすことがない安全な金属と考えられています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 金属アレルギーとは何か?  |  トップページ  |  次の記事 金属アレルギーの診断方法とは  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。