Top >  健康と病気? >  金属アレルギーの診断方法とは

スポンサードリンク

金属アレルギーの診断方法とは

金属アレルギーの診断では、「バッチテスト」が用いられます。ニッケルやコバルト、クロム。亜鉛、マンガン、銀、金などの金属検査薬をつけたシールを背中や腕に張り、アレルギー反応を調べる検査がバッチテストです。シールの色が変わって陽性反応を示すため、反応したその金属は使わないようにします。
最近、このバッチテストは歯科や口腔外科でも良く用いられるようになりました。なぜなら、歯科治療での歯の詰め物やかぶせ物が、金属アレルギーの原因になっていることが良く見られるためです。アレルギーが出ると、口腔粘膜に水泡ができたり、口の周りにも出てきます。また、手のひらや足の裏に繰り返し水泡状の湿疹ができる症例も、歯科治療に使われた口の中の金属が原因であることも考えられます。金属アレルギーだと特定された場合は、口腔内の金属を取り除くことで症状は改善されます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 金属の種類によるアレルギー  |  トップページ  |  次の記事 アレルギー性鼻炎とは何か?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。