Top >  健康と病気? >  コンタクトレンズの注意

スポンサードリンク

コンタクトレンズの注意

現在、コンタクトレンズ使用者は1300万人以上いるといわれています。特に若い年代ではファッション感覚で装着している人も多くいます。最近は気軽に度の入っていないカラーコンタクトが手に入る環境でもあります。しかしコンタクトレンズは度数や角膜のカーブだけではなく、涙の量やレンズの動き、眼疾患の有無や健康状態、使用目的や使用環境などを総合して判断し処方されるものですから、購入の際は事前に眼科受診が必要です。
また誤った方法でコンタクトレンズを使用している人も多くいます。長時間コンタクトを装用していると、目の角膜(黒目)の酸素不足から角膜内細胞の数が減少してくることがあります。この細胞はふつう老化とともに減少しますが、コンタクトレンズ装着者では、減少が促進される場合があります。一度減ってしまうと元には戻らないものでもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 アレルギー性鼻炎の治療方法  |  トップページ  |  次の記事 コンタクトレンズの問題  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。