Top >  健康と水の関係 >  水を摂取するタイミングと健康1

スポンサードリンク

水を摂取するタイミングと健康1

朝の目覚めに
人は毎晩寝ている間にコップ1杯程度の汗をかいているそうです。おきた時にはコップ1杯分体内の水分が失われているので、血液の濃度が高く、粘りが増えています。脳梗塞や心筋梗塞など、血管が詰まる病気が午前中に起こりやすいのは、この水分不足が関係しています。朝起きぬけの1杯は、胃腸への刺激にもなり、便秘予防という効果も大きいのです。

食事前・食事中に水分摂取
食前に水を飲むと、空腹感が収まるので食べすぎを防ぐことができます。これは、胃液が薄くなるためです。また食事中に水を飲むと、食物の消化吸収を促進、胃のもたれや塩分の摂りすぎのセーブなどの働きがあります。
眠りの前に水分摂取
脳の血液を腹部に引き下げて神経を沈静化するため、就寝前に水を飲むと眠りに入りやすくなります。ベッドに入る前にコップ1杯の水を飲むと、寝ている間に汗として失われる水分の補給ができます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と水と‥  |  トップページ  |  次の記事 水を摂取するタイミングと健康2  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。