Top >  健康と水の関係 >  健康のため水を飲むこと

スポンサードリンク

健康のため水を飲むこと

人間は、食事なしでも1ヶ月くらいは生き延びられるそうですが、水分なしでは、3日から1週間程度しか生きられないといわれています。
ご存知でしょうか?私たちの体重のうち、水分がどのくらいの割合を占めているのか‥成人男性で60%、成人女性で50%です。この水分量は、年齢とともに変化するもので、新生児ではなんと80%近くが水分、そして幼児が70%、老人男性でも約50%となるそうです。

また、意外なことですが脂肪の割合によっても水分量は変化し、体に脂肪が多いと水分は減少するのです。そのため、肥満体の人はやせている人よりも水分量が少ないのです。水分は、不足するとどうなるのか?ご存知ですか?
まず、2%の体内の水分が不足すると脱水症状が始まって、新陳代謝に支障をきたします。5~10%の水分が失われると目に見えて異変が起き、倒れたり、声が出なくなったりすることがあります。さらに15~20%不足すると生命の危機にさらされます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康には十分な水分を  |  トップページ  |  次の記事 水分摂取量は大丈夫?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。