Top >  健康と水の関係 >  水の種類

スポンサードリンク

水の種類

水分は普段あまり意識しないで摂取しているのですが、水は実に有益な働きをしているのです。
しかも、水と一口に言っても種類は様々です。水の大事な役割である「体内での運ぶ力」も、どのような水を飲むかによって差が出ます。水によって、気になる体内のサビ(酸化)さえも左右されます。
たとえば、高い還元力を持った水なら、身体の酸化の抵抗することができ、酸化された状態の水道水をそのまま飲めば体内の酸化に拍車がかかってしまいます。

最近は、水質の安定したミネラル豊富な山の水に海洋深層水をブレンドしたもの、ミネラルを吸収しやすくし還元力を高めたイオン化水など、より体に有用な水が開発されているようです。どうせ飲むのなら、安心できてしかもおいしい水を飲みたいものです。良質な水を飲む習慣をつけ、栄養をからだの隅々まで運べる体質にしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と水の役割  |  トップページ  |  次の記事 健康のための水選び  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。