Top >  健康と水の関係 >  健康のための水選び

スポンサードリンク

健康のための水選び

日本は本来、豊かな水の国です。おいしい水を飲むための、安心できる水選びのポイントがあります。
かつての日本人にとって、飲み水とは水道水や湧き水、そして井戸水で、「欧米では水をわざわざ買うそうだ」と驚いていたのもそんなに昔ではないのです。
しかし、最近は飲料水に対する意識は大きく変化しました。水のおいしさ、安全性や水質にこだわる消費者は益々増えています。それよりもどんな水を飲むのか、選択する時代になってきました。

その飲み水を大別すると、水道水、浄水器を経由した水道水、自然水の3つに分かれます。水道水は、主に河川、湖水、ダムなどの地表水と、井戸水などの地下水が水源となっています。近年では都市化が進むにつれて、浄水場で消毒・ろ過された水が水道水の主流になっています。そしてこのように、処理された水道水を安心して飲むために浄水器が普及したのです。
また、スーパーやコンビニの店頭に並ぶミネラルウォーター・湧き水・地下水に海洋深層水などの消費量が急増しています。これらはすべて「自然水」とよばれます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 水の種類  |  トップページ  |  次の記事 活性酸素の正体とは?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。