Top >  健康と水の関係 >  健康と水道水のリスク

スポンサードリンク

健康と水道水のリスク

水道水が、「くさい」「まずい」といわれるようになってしまったのにはいくつかの理由があります。
家庭排水や工場排水、農薬などによって水そのものの汚染が進んだ地域は、塩素を多量に使用しての消毒・殺菌がかかせません。まず、この強い塩素臭が「まずい水」の原因となっています。水道水に残留する塩素の匂いをカルキ臭といいます。
次に多いのは主に夏場、ダムなどのプランクトンが繁殖すると起こりやすくなるカビ臭さです。また、ビル・マンションの貯水タンクや配水管から生まれる水サビや濁りなども、水質に悪影響を与えます。このような水道水のリスクは誰もが気になるところです。そのため、浄水器を活用する家庭が増えたのも事実でしょう。
しかし、浄水器にも欠点があるのです。それは、塩素やサビを除去する際に、有用なミネラル分までも除去してしまうのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 活性酸素に対抗!抗酸化物質のサプリメントを探そう  |  トップページ  |  次の記事 健康のために進化している水  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。