Top >  健康と水の関係 >  健康のために進化している水

スポンサードリンク

健康のために進化している水

日本の水事情により、最近は「自然水」というおいしくかつ安全な水が求められる時代になってきました。では、おいしい水の条件とは何でしょう。

おいしい水の条件として、マグネシウム・カルシウム・ナトリウムなどのミネラル類が適度に含まれていること。20度以下の水温であること。新鮮さ、さわやかさの元である二酸化炭素が含まれていること。
いわゆる「純水」は、ミネラル類が何も含まれていないためおいしいとは感じられません。私たちの健康に欠かせない大事な栄養素の一つがミネラルです。おいしい水を飲むことは、適度なミネラルを補っているこにもなるわけです。ミネラル含有量の少ないものを軟水、多いものを硬水と分けられます。水に含まれるカルシウム・マグネシウムの量で算出される水の硬度は、水の味を決める要素にもなっています。
現在市販されている自然水は、自然水をブレンドするという進化したタイプが出始めています。いずれにせよ健康に良い水を見つけましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 健康と水道水のリスク  |  トップページ  |  次の記事 心の病気―呼吸が苦しい?  > 

         

更新履歴

    • seo
このページについて

このページは「健康と活性酸素と病気の辞典」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。